亀井倫子
kaigoスナック@東京 三鷹自主開催
三鷹の嚥下と栄養を考える会 代表
歯科医師(日本静脈経腸栄養学会認定歯科医・日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士)

在宅や施設で、嚥下困難のある患者さんの嚥下検査や食事形態の指導などを行う中で、
この食事内容・この環境で「食べる」ことや「食べさせる」こと自体が、「この人にとって本当に幸せだろうか?」と思う場面に多々出会いました。
そして「生活としての食」を少しでも彩ゆたかに、幸せを感じられるものに出来ないか?と考えるようになりました。
また、医療現場で自分が関われる患者さんはごく一部で、本当はもっと多くの人が嚥下のことで悩んでいる、あるいは諦めているのかもしれない、と考えるようになりました。
医療現場で出来ることは限られている、じゃあ医療現場を離れれば、より多くの人のために、より多くのことが出来るかもしれない、そんな思いから、「三鷹の嚥下と栄養を考える会」を作りました。
この活動を始めた当初から、三鷹には私の活動を応援してくれる、私にとって家族のように大事な人たちがたくさんいます。
この地域にkaigoスナックを通じて、「いつまでも人とつながり・幸せに食べ・幸せに生きる」を根付かせていきたいと思います。