8/29 kaigoスナック@多磨霊園 開催しました!

8月29日に京王線多磨霊園駅近くのスナック「岡スタンドバー」にて、kaigoスナック開催しました!

80代の美人ママと超☆料理上手の素敵マスターが営むこのお店は、まさに私達の「第二の実家」(笑)
この日もここを舞台に「嚥下食(介護食)」と「とろみ酒」を嗜みながら語り合いました。
今回はバリアフリーの会場ではないので、車椅子の方のご参加は難しかったのですが、当事者の方を支援されている方々向けの、嚥下と栄養の学びの場として開催しました。

遠く千葉県柏市からご参加下さった飲食店勤務の方は、2年ぐらい前からkaigoスナックに来たかったけれどなかなか来れず、今日念願叶って最高です!とおっしゃってくださいました。介護のお仕事もされていたご経験があり、「施設のBBA(ばばぁ)たちにこれ食わせてやりたい!」と叫んでくださいました(笑)

いつもより厚めに切って肉々しい感じに仕上がった焼き肉ゼリー


舌でつぶせるおいなりさんと、歯ぐきでかめるプルコギ。


作ってくださったのはkaigoスナックメニュー開発担当 (株)フードケアの在川シェフ


カウンターには美人ママ2人。二人ともナースです。

ナースのママが準備してくれたとろみ日本酒・とろみサングリアに感動!
過去のkaigoスナックでは、既製品の日本酒にその場でとろみをつけるのが難しくて、うまくいかないことが多かったのですが、今回の「菊水の辛口」「月桂冠にごり酒」はとろみ剤との相性が抜群で、とってもきれいなとろみがついていました。日本酒が苦手な私でも美味しく感じました。
自分の患者さんのGGIにも飲ませてあげたい!(笑)

嚥下食の後はマスター手作りの愛情料理が次から次へと。
からあげ・おいなりさん・おひたし・ミートソーススパゲティ!
食べきれなかった分はお土産に持たせてくれました(笑)まさに第二の実家(笑)

嚥下食(介護食)・とろみ酒で体験・学びを得て、
それぞれの現場での日々の想いを語り、
カラオケで存分に歌い、
改めて「こういう場にいつまでも参加し続けたい」と感じます。

食・排泄・移動など いろんな不自由があったとしても
こういう場を楽しめる街を 作りたいなと思います。
「障害」は「人」ではなく「環境」に存在するものだと思います。

次回は11/7(木) 同じく岡スタンドバーにて☆
お申し込みはこちら
https://kaigosnack.thebase.in/items/20419389
※9/16までにお申し込みの方は5%割引あり 購入画面でクーポンコード 「shop80thx」を入力して下さい

今回ご参加下さった皆様、ありがとうございました!
またのご来店をお待ちしています☆

一般社団法人日本kaigoスナック協会
代表理事 亀井倫子